2019/11/28 木曜日

Filed under: 日記 — 詠実 @

宝塚でベトベンがくるーーーー!!!!!!




えっええええええええ


うっっっそでしょおおおおおおおお



「エリザベート」のクンツェ&リーヴァイが
次に出す新作はベートーヴェンだと公言していて、
日本に来るのはいつになるかな、5年後かな10年後かなと
たまーに投下される情報にここ数年一喜一憂そしてやきもき、
してたんですよ、それを、それがーー!!!


宝塚の方が先にきちゃったーーーー!!!(笑)


さすが生誕250年アニバーサリーイヤー、
既に動いているものも含めてイベントごとが多いですね。
まさかヅカも動くとは思わんかったってだけでさ。
まあ様ブラームスの「翼ある人々」ぶりだよ音楽家~!
ウエクミせんせよっぽどベトベンやりたかったんだな。
有言実行できる人ってかっけええええなああ!!!


いっやあ~~~~それにしても
よりによって雪組!だいきほ!!!
だいもんベトベン…この単語だけで攻撃力が強すぎらあ…。
すげーよ…だいもん×ウエクミ×ベトベン…って…
いったいどうなってしまうの…。

とにかく、とにかく、楽しみで仕方ない。
そしてこれは久々に本気出してチケ取りに向かわねばならない。
自分が持てる手、使えるあらゆる術をすべて尽くす。
これは、それくらいの意気込みを必要とされる、
そういう演目になると思う。
ならば、相応の覚悟と姿勢で臨まねばならない。

…のぞさまなだけに!(だいなし)


2019/11/24 日曜日

Filed under: 日記 — 詠実 @

_20191123_170538-300x266.JPG

アニメから入ってハマった入間くんの、
原作を一気買いして読み終わりましたーーー!!!

めちゃめちゃめちゃめちゃ面白かったです!!!!
これは万人におすすめできる、胸を張って布教できる、
大人も子どももおねーさんも(古っ)熱くなる王道少年漫画です!!

いやもうほんっっと、あつい~~~!!!!!
たっまらん!!!サイコーー!!!!
いっっるまく~~~ん!!!!!!
(ここから早口)
もうねもうねもうねキャラもみんな魅力的だし
主人公入間くんがどんどん周囲を攻略してくし
それゆえにみんな入間くんにまいりました状態の総愛されだし
主人公たち若者組を見守る保護者や教師たちといった
指導者の立場の人たちの見守る眼差しが優しいし、
キャラたちの家族環境がばんばん明かされて私大歓喜だし
女の子キャラがどの子もかっっわいくて
というかダブルヒロイン制っぽくてどっちの子もかわいいし
あとあとあとギャップに弱い身には超急所の
「悪周期」というおそろしい設定があって息も絶え絶えだし
(/ここまで早口)


これは俄然本誌を追っかけたくなりました。
週刊誌を追うのはジャンプでのSOUL CATCHER(S)以来です。
マンガを週刊で追うのは気力体力ともにかなり消耗するので
なるべく避けたかったのですが、(ソルキャで体験済み)
入間くんが面白すぎるのでしょうがない。
好きになっちゃったもんはしょうがないんだ!!


2019/11/22 金曜日

Filed under: 日記 — 詠実 @

_20200124_231149-300x257.JPG

ミュージカル「In This House」観てきました。
淡々とした独白とセリフと歌で進む物語は
まるで短編小説のようで、シンプルなセットに、
大みそかという日ならではのしんとした空気感がしみわたり、
90分があっという間でした。

4人きりのキャスト、
岸さん、入絵さん、綿引さんと、文句なしの歌うまさんたち、
その中で私はお初だった川原さん。
とても良かったなあ。
歌は確かに3人と比べるとンムムなんだけど、
アニーを追い詰めてることにも
自分が抑圧されてることにも無自覚で、
それでいて天真爛漫なジョニーの作り上げ方が良かった。
ああいうキャラクターってすごく難しいと思うんだ、
危なっかしさと葛藤と朗らかさとのバランスが
絶妙で素晴らしいなと思いました。

ヘンリーとルイーサの老夫婦が辿り着いた境地にも、
ジョニーとアニーのこの先の難しさにも、
私はいろんな想像が巡ってしまって悲観的にもなる、
でもそれでも、希望はある、というラストが刺さった。
アニーは最後にジョニーの手を確かに取った、それが希望。

あと、板垣さんの演出はやっぱり好きだな。
ぐっさり刺さる部分と優しく癒してくれるバランスが
私にとてもハマる気がしている。


2019/11/20 水曜日

Filed under: 日記 — 詠実 @

「笑え、シャイロック」読了。
債権回収銀行マンの話でした。
展開が進むにつれて始めの印象がどんどん覆ってく、
相変わらずそういうキャラ像のやり方がお見事で鮮やか。
山賀さんの後継者の結城の成長が微笑ましくて、
少ししたらまた活躍する姿を読みたい。

嗤う淑女シリーズと同じ世界線、ということは
「総理にされた男」とも同世界線。
あとどこに繋がってるのか。くうぅ~広がる~~!!

それはそうとまたひとり警察サイドに
いい感じのキャラがあらわれましたよ。
新宿署の諏訪さんね、はーい覚えておく!


2019/11/19 火曜日

Filed under: 日記 — 詠実 @

冬コミに落ちたので安心して忘年会の予定を入れられる…(笑)
とりあえず恒例のミュオタ仲間2019総決算会をさっそく入れた。
そういや原稿に追われない年末は数年ぶりかなあ~

って言ったらオンリーのアフターで総攻撃くらったんですけど
5月の夏コミに受かるかわからんし
落ちたら8月インテまで無いわけでHARUコミにも申し込もうかな、
イベントがないと確実に本は出ない人種なので。


2019/11/18 月曜日

Filed under: 日記 — 詠実 @


photogrid_1579874825364-300x300.jpg

オンリーお疲れ様でした!
お話してくださった方々、ありがとうございました!!

いつものギリギリ滑り込み野郎でしたが
なんとか無配ペーパーという名の新刊もできたし
アフターでは吉乃さんのお誕生日もお祝いできたし
先日、突然気持ちが楽になった件の感謝の報告もできたし、
終わり良ければすべてよ~~~し!!!!

自分がいかに周囲の仲間に恵まれているのかを
フルスロットルで改めて思い知る日、それがイベント当日。

いつもいつもみんなありがとう、これからも見捨てないで!


2019/11/10 日曜日

Filed under: 日記 — 詠実 @

父親の十三回忌が無事に終わっっっ………た………。
はあ~~~……もうぐったり疲労困憊。

前触れもまったく何もなく急死したあの日から
もう12年、干支が一周したことに驚きです。早かったなー。

12年前の葬儀の時とは違い、
きょうだい3人みな結婚したのでその分顔ぶれが増えて、
当時と違って大所帯の法事やら食事会やら、
なんやかやの手配や連絡や諸々、
夏頃から進めていたものごとが無事に終わって、
今はもう、ただひたすらに、終わって良かった…疲れた……。


本当は今日、AGF行く予定だったけど、
この疲れ具合だと無理だなと思って諦めました。
特に行きたいブースもなかったのでよしとする。



私はよく夢を見、見た夢もよく覚えている体質なんですが
こないだ久々に夢に父親が出てきたので、
あらまあ~命日や法事が近いからかねえとしみじみして、そして、
「死んだ人間の声から忘れる」って本当なんだなって思った。
よく喋る人だったのに夢の中ではひとことも話さなくて、
起きてから、ありえないほど無口だったな…と思い返した時、
自分が父親の声を忘れかけてることに気付いた。

そういうことか~なるほどなあと思いました。
周囲に迷惑をかける天才みたいな人だったので
間違っても天国には行っていないと思いますが
そんな強烈な人間でも、容赦なくパーツから忘れられてく。
そういうふうに、できているんだなと。


2019/11/4 月曜日

Filed under: 日記 — 詠実 @

今日は乙女系オンリーのラヴコレに行って、
その帰りにファミレスにこもってネームしてました。

先日、唐突にスッキリしましたが
それまでまーーーったくやる気が出なくて
今月のオンリー新刊をはなから諦めてたんですけど
今はとっても元気もりもりな状態なので、
プロット→ネームが2時間で出来た!

すごいぞ、やればできる!
今の私は無敵のスターだ!
土管を破壊し敵を蹴散らしどこまでも進める!
てってってーてってっててー!!!!!

あっちなみに冬コミは落ちました。
夏は新刊出せたけど遅刻ペナがあったので
残念だけどまあ自業自得です!


2019/11/3 日曜日

Filed under: 日記 — 詠実 @

花組「A Fairy Tale -青い薔薇の精-」「シャルム!」
観てきました。

photogrid_1581412568509_copy_300x300.jpg

青い妖精さんつまりみりおちゃんの退団公演。
どのトップさんの時も思うけど、
もう退団なんて信じられない、ほんと早かったなあ。
最初の頃は挨拶とかひやひや感とほっこり感が突出してたけど
いつの間にか堂々と頼もしいトップさんになってて
完全に親戚のおばちゃん現象でしたね…。

植物の研究家というキャラとか、
好きな人の記憶を消してうんぬんとか、
ど~~~~~~にも個人的に「あかーーーーーん!!!!」と
頭抱えポイントがあって気が逸れそうになりましたが
植田せんせの絶対的ハピエン方針を信じていたので大丈夫です。
切なくも暖かいハッピーエンド、これ鉄則!

ちなみにみりおちゃん主演で特に思い入れのあるものは
「春の雪」「アリスの恋人」です!
(花組時代じゃないのかよ!)


2019/11/1 金曜日

Filed under: 日記 — 詠実 @

映画の日だったので「蜜蜂と遠雷」を見てきた。

初めて日比谷のトーホーシネマ行って、
日比谷ミッドタウンの中も初めてうろついたんだけど
オープン当初に少し話題になってた通り、
あれは急いでる時にかなりイラつく動線だよな…。
えっそっち?こっちじゃないんかーい!っていう、
フェイントかまされた気になった(笑)

そんなことはともかく蜜蜂と遠雷、
実写化が発表された時から気になってたので
原作を読もう読もうと思って気付いたら公開になってた。
とても良かったです。
4人のピアニスト、それぞれの生い立ちや環境や考え方の違いはあれど
ピアノへの真摯さ、ひたむきさはまぶしすぎるくらいで、
自分が求める音楽への渇望みたいなものに打たれる物語でした。

あと、未読なので原作の雰囲気がどうなのかわからないけど、
セリフの量が一般的なエンタメ作品に比べてかなりおさえてあって、
そこがすごく良かった。
音楽解説シーンもいかにもって長文ではなかったし
役者の表情や、映像の間や演出で表現していて、
セリフですべてを説明しちゃう昨今のドラマや舞台に
慣れつつも物足りなさを感じている身としては、
隙間を想像する楽しみと余韻を残す終わり方も、
とても私の好みのテイストでした。

込められた意味やどんな解釈があってとかそういうのはさておいて
観客のことを作り手側が信じている作品だなと思った。
そういうものは、見ていてとても嬉しい。

見てよかったです。


次のページ »

HTML convert time: 0.269 sec. Powered by WordPress ME